TOPよこはまリバーサイド泉
放課後等デイサービス「わかば」(児童)

■事業概要
学齢期の重症心身障害児に対して放課後等に安全・安心に活動できる場を提供する事で、社会性を育むと同時に自立に向けた生活能力の向上を支援します。

「よこはまリバーサイド泉わかば平成28年度自己評価結果」はこちら

■定員
5名

■利用の条件
1.在学中の小学1年生から高校3年生
2.放課後等デイサービスの支給決定を受けられている方。
3.利用者対象:主に重症心身障害児(医療的ケアについてはご相談下さい。)
4.送迎対象エリア:泉区(その他の地域の方はご相談下さい。)

■営業日
月曜日〜金曜日 週5日
休業日
土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始

■料金
項目 料金
昼食費 ¥500
食事キャセル代 ¥500
活動費 実費(活動に必要な材料等購入や外出活動の際にお支払いしていただきます)
給付費本人負担額 障害児通所給付費の一割額(保護者の所得により上限額設定、減免措置あり)
※一か月あたりの利用負担額については、利用する方の属する世帯に収入、資産に応じて月額上限額が設定されます。詳しくはお住まいの市町村の障害福祉担当課にお問い合わせください。
※支払方法は原則自動引き落としとなります。

■よこはまリバーサイド泉・放課後等デイサービス わかばの特徴
主に重症心身障害児を対象とし、医療的ケアにも対応しています。
また、家庭と学校をつなぐ第3の安心できる場所として、楽しく通う事を目指しています。
放課後や夏休み等の長期休暇中に、日常生活における基本的な動作の指導(個別活動)、集団生活への適応訓練等生活能力向上のための支援(集団活動)を行っています。

■施設案内図
施設入所・施設案内図を参照。

■設備紹介
遊戯室
マットスペースがあり、活動や休憩の場所として使用しています。

■活動紹介
■集団活動
お友達と、音楽・運動・創作・ゲーム・散歩等を一緒に行うことで、集団の中での過ごす事に慣れていきます。
ボーリング 風船バレー 紙相撲
ボールの大きさやレーン作る等工夫をする事で、皆が一緒に参加できる活動となっています。 ゲーム形式では競争を、ボール回しではお友達との関わりを楽しみます。 力士を作る創作の要素と、勝ち残るという競争の要素を持ち合わせた内容のプログラムです。
季節の遊び(一例)
その他にも、七夕やクリスマス等その時期にちなんだ内容を活動に取り入れています。
季節感を大切にしたもので、夏の暑い時期には水遊びを行っています。
5月には、鯉のぼりを作り空高くあげました。
■個別活動
ストレッチ、立位、歩行、コミュニケーション等、個別に関わる活動を行っています。

■職員配置
施設長 中村 良隆
総務課 課長 1名
児童支援係 係長 1名
健康管理係 係長 1名(看護師)
委託医師 1名
看護師 1名(兼務)
管理栄養士 1名(兼務)
作業療法士 1名(兼務)
児童発達支援管理責任者 1名
スタッフ 6名(保育士1名、指導員4名、送迎担当1名)

■その他の概要
敷地面積
7,762.00u
規模及び構造
鉄筋コンクリート建一階
(一部二階建)
居住棟・管理訓練棟・職員宿舎
一階床面積(施設)3021.24u
二階床面積(宿舎) 684.24u
施設運営開始
昭和58年4月1日

※「財務諸表及び事業報告」はこちらのアドレスのページ右アイコンよりご覧ください。→http://www.ysjk.jp/
 
 上へ